初歩の MixW 操作手順

作成 JO1QOR / Issue 2003.1.18 / Revised 2012.5.24
登録方法(ソフトの購入)

   2009.6.5 プルダウン・メニュー画像を日本語表記のものに修正中・・・
   本ページは、Internet Explorer 表示文字サイズ= 中(M)でご覧頂くと見易くなっています。

最初に・・・

MixWは、BPSK31, QPSK31, FSK31, RTTY, Packet (HF/VHF), Pactor (RX only), AMTOR (FEC), MFSK, Hellschreiber, Throb, Fax (RX only), SSTV, MT63. の文字/画像通信を同一画面内でサポートする 非常に高機能なソフトでマルチモード文字/画像通信を楽しみたい方にはもってこいのソフトだと思います。(しかも、PSK31,MFSK16など多くのモードで日本語を扱うことが出来ます)

しかし、私の様にMixW初心者には最初のスタートに難儀します。そこで私が常用します PSK31, MFSK16, RTTY を先ず操作出来る様にすることを目的にこの操作手順をまとめてみました。
(本・手順書内容についての質問/間違い指摘は、当・Ben's掲示板又は私(下記メールリンク)宛メールを下さい、出来る限りの対応をします)

依って、必要な箇所の設定項目のみについて記載していますので、必要な方(出来る方)は記載部以外の項目についても下記を参考に的確設定して下さい。

MixW ヘルプ翻訳版(by JA1SCW)

その他不明点解決には、当・Ben's掲示板に書込をして洗練者に教授して貰いましょう。

この手順書はMixWソフトウェア動作、及び、貴方の無線システムの動作を保証するもではありません。あくまでも貴方自身が責任を持って行う行為の参考資料です。 本書に基ずく操作にて発生した予期しない結果等(直接・間接を問わず)に対して一切責任を負いません。

MixWは、PSK31以外のmodeでも"かな・漢字"が扱えるソフトです、これを使った日本語通信で他への無用な混信を避ける様充分注意して下さい。
現状、MixWを持たない人にはPSK31以外の日本語modeは復調できません。特にRTTY_5単位_Baudot code(一般的なRTTY)以外のmodeでの交信にはバンドのハイエンド周波数を使用されることをお勧めします。

MixW2.08にて最新版の機能が使用でき、多くのモードで日本語文字通信が楽しめます。
当初、MixWにて日本語を扱えるようにするために作者は2つの実行ファイル(MixW2.exe とMixW2J.exe)を作成しMixW2J.exeの方で日本語版の進化をして参りましが、MixW208正式版にてMixW2.exeに統一されました。
英語表記メニュー等の理解には当HP"MixW Help"や、MixW ヘルプ翻訳版 (by JA1SCW)をご参照下さい。


インストール
MixWの立ち上げ


<動作環境設定>



 「個人データ」の設定
  [動作環境設定] → [個人データ]
  下記データを各々入力する。   [OK]ボタンをクリックし閉じる。



 「マクロ」の設定
  [動作環境設定] → [マクロの結合]にチェックを入れる。

 「フォント」の設定
  [動作環境設定] → [フォント]  「CAT/PTT」の設定
  [動作環境設定] → [CAT/PTT設定]
  その他は、「PTT & CAT」窓・画像を参照して下さい。



  「PTT & CAT インターフェース」窓の[詳細]ボタンをクリックし、「シリアル ポート」窓を開き下記を設定する。   [OK]ボタンをクリックし閉じる。



 「出力調整」の設定
  [動作環境設定] → [出力調整]
  「スピーカー」窓の[スピーカー]ツマミを上下し、PCオーディオ出力を調整する。
  (SSB_mode 変調度/AF信号入力)

 「入力調整」の設定
  [動作環境設定] → [入力調整]
  「録音コントロール」窓の[マイク]ツマミを上下し、PCマイク入力を調整する。
  (リグ・スピーカー出力のPC_MIC端子入力レベルの調整)

 「マーカー」の設定
  [動作環境設定] → [マーカー]
  「マーカー」窓の1〜5に必要なだけマーカー(AF)周波数を入力する。
  [OK]ボタンをクリックし閉じる。
  (Spectrum又はWaterfall表示部にその周波数が縦ライン表示される)



<表示>の設定
  下記を参考にチェクマーク(レ)を入れる。




 「スペクトラム」の設定   [表示] → [スペクトラム]
  下記にチェクマーク(レ)を入れる。


運用

<PSK31>の運用


 「モード」の設定


 「オプション」の設定


 信号の受信・復調(プリント)  送信・タイピング
<MFSK16>の運用

 「Mode」の設定  「オプション」の設定  送受信
<RTTY>の運用

 「Mode」の設定  「Options」の設定  送受信
<QSO_ログ 操作>
  ログ入力は、"ログ"窓・一番下の(青色)欄に入力される(or する)。
このMixW_Logは非常に完成度が高く(検索、DXCCなどQSO結果整理、QSL印刷、QSO即eQSL発行...etc.)従前dataをこのMixW_Logに集約するという方もいますが、私などHamlogに(馴れ)固執する者はどうしてもMixW_Log→Hamlogのdata変換をしたくなります。

そんな方は、多種のログデータ変換ソフト作成で有名な JA2BQX/太田さんのHPの(Soft別館)からMixw2h(MixW→Hamlog変換ツール)をご利用下さい。
Mixw2hに依るdata変換イメージは次頁 MixW 情報ページ を参照して下さい。
Log_data項目・形体の違い等による制約などがありMixW_Log→Hamlog完全変換では有りませんが、Hamlogに交信dataを持って行くと言う目的は達成しております。 TKS JA2BQX


<New RX window の操作>
<Status Bar>の説明
  画面最下部にある"Status Bar"の各機能についてBar左端のボタンから順に説明します。

<Macro>の編集
  先ず、MixWは多くのマクロ項目設定が可能です。
  (F1〜F12_key、及び、(+Shift)、(+Ctrl)、(+Shift+Ctrl)の組合せで48項目(+α)以上)*

  "Macro Bar"の目的の項目にマウス・ポインターを合わせ右クリックすると
  下図の"Macro 編集"窓が表れます。
  マクロ構文、参考例

  *これ以外にも、予め作成した「国内用」「海外用」のマクロ・ファイルを、(+Shift+Ctrl)F11_key と
   (+Shift+Ctrl)F12_keyに割当ておき、これを切替利用する等の方法があります。
   詳しくは近々UPされるMixW_Help訳文参照、又は、JA1SCW(日下)宛メールで
   ご相談下さい。


登録方法(ソフトの購入)について

 下記手続きに不慣れ/不安な方は、「購入代行」を リグエキスパート ジャパン で取り扱っています。
 -------------------------------------------------------------------------------

 MixWは有償ソフトです。継続してお使い頂く場合は、下記の要領で費用をお支払い下さる様お願い致します。
 ご注意:万一何等かの支払い上のトラブルが発生しても、全て自己責任で解決いただくことが前提です。

  MixWのホームページ http://mixw.net/ をアクセスします。

  左端..MENU..内の"How to register"をクリックする。



  「・MixW 2.21」「・Upgrade 2.xx to 3.xx」「・MixW 3.xx」の何れか目的の所をクリックする。



  「Am I registered with MixW?」画面で登録されるコールサインを入れて"Check"をクリックして下さい。
  "Recommended:"右側の必要な箇所をクリックして下さい。例えば"Get MixW 2.x"



  購入フォーム(日本語)が表れるので、画面の指示に従って入力→購入へと進んで下さい。





トップページへ戻る次へ

メールリンク

あなたは(2009.10.9〜)累計
人目の訪問者です。
(本日は番目のアクセスです。 また昨日は人のご来場者がありました)